顎関節症に対応してくれる専門医探しの旅|患者を救う医師の治療術

歯医者

取り入れるべき改善方法

歯科

最新の治療法

顎関節症は、顎の痛みをはじめとして、頭痛、耳の痛み、めまい、肩や首の痛みなど、全身のあらゆる場所に不調を伴う可能性のある怖い病気です。最近では、これまでの顎関節症の症例に基づいた新たな研究や調査が進み、専門医が行う治療方法についても以前と比べて変化してきました。特に大きく違うのは、以前は顎関節症の原因を歯や噛み合わせに絞って、専門医がマウスピース治療、歯列矯正、手術などを行い、ピンポイントで根治する治療方法が主流でしたが、現在では、ほかのさまざまな要因を考慮して、複数の治療法を組み合わせるようになってきたことです。例えば、顎関節症と密接に関係しているという生活習慣の指導、体操やストレッチなどの運動療法、心因性の原因を取り除くカウンセリングなどです。今後も専門医によるさまざまな新しい治療法が取り入れらることが予想されます。

自分でできるケア

顎関節症の専門医で治療を受けている時にも、自分でできるセルフケアを実践することはとても大切です。食生活の面では、両側の歯で均等にゆっくり噛みながら食事をすること、強く?みすぎないようにすること、症状がひどい時には顎に負担のない柔らかい食べ物を選ぶようにすることなどです。また、生活面では、長時間同じ姿勢になってしまうパソコンやスマホの使用を控えること、痛みが強いときには患部をしっかりと冷やすこと、空いた時間で適度な運動をすることなどがあげられます。さらに、頬の筋肉を柔らげるためのマッサージを効果的です。マッサージを行う際には、自己判断でやるのではなく、専門医の指導に従って正しい手順と強さを守りましょう。